ブリヂストン:前期純利益は18%増と最高益、北米や中国で販売増

ブリヂストンが18日発表した2013 年12月期連結決算によると、純利益は前の期比18%増の2021億円と過去 最高益となった。米独占禁止法違反の罰金支払い447億円を特別損失に 計上したが、北米や中国を中心にタイヤ販売が好調だった。円安や原材 料価格の低下も寄与した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。