成長基盤強化の資金供給7兆円に倍増、金融政策は据え置き-日銀

日本銀行は18日開いた金融政策決定 会合で、3月末に期限が来る「成長基盤強化を支援するための資金供 給」を1年間延長し、「本則」の供給枠を従来の3.5兆円から7兆円に 拡大することを決めた。金融政策の運営方針については現状維持とする ことを決めた。いずれも全員一致。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。