中国:地方GDPと全国値の差、6年ぶり縮小-なお100兆円強

中国地方政府の域内総生産 (GDP)の合計値は、2013年も国家統計で示された国全体の数値を上 回ったが、その差は6年ぶりに縮小した。共産党指導部は地方当局者を 評価する際の基準として、従来の経済成長偏重を改める方針を示してい る。

昨年12月以降に各地方政府が発表したデータをブルームバーグ・ニ ュースがまとめたところ、31の省・直轄市・自治区の13年の名目GDP の合計は約9.2%増の62兆9000億元(約1060兆円)となった。中央政府 が発表した全国の数値を10.7%(6兆600億元=約102兆円)上回っ た。12年は11%の超過だった。

習近平国家主席ら指導部は、債務削減や汚染対策などを通じたより 持続可能な成長に重点を移すよう指示しており、昨年の統計は地方の当 局者がそれに従いつつあることを示唆する。しかし全国統計に対する超 過幅はなおインドネシアの経済を上回る規模で、さらなる改善の余地が あることを示す。

クレディ・アグリコルCIBのシニアエコノミスト兼ストラテジス ト、ダリウス・コワルツィク氏(香港在勤)は「地方政府当局がより現 実的なデータを示しつつある」と指摘。統計で示された数字は「地方当 局者を評価する際の重点を経済成長から他の要素へと変更したことで、 数字を膨らませるインセンティブが減ったことを映しているようだ」と 述べた。

地方の統計数値の合計が中央政府のデータを名目成長率で下回った のは07年以来。国家統計局が発表した昨年の全国レベルの伸び率 が9.5%だったのに対し、地方の合計は9.2%。12年は全国が9.8%、地 方は10.6%だった。

原題:China Tackles $1 Trillion Data Gap as Xi Changes Growth Metrics(抜粋)

--取材協力:Ailing Tan、Xin Zhou. Editors: Scott Lanman, Paul Panckhurst

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE