商船三井:途上国の海洋開発に最大4000億円投資-収益の柱に

運航船舶隻数が世界最多の商船三井 は、途上国を中心とした海洋開発事業に2020年度までに最大4000億円を 投じる方針だ。エネルギー関連需要の世界的な増加を見込み、海洋開発 事業を将来的な安定収益の柱に育てる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。