2月18日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:円が下落、月初来安値-日銀の成長基盤融資強化で

外国為替市場で円は下落。ドルとユーロに対して月初来安値を付け た。日本銀行は「成長基盤強化を支援するための資金供給」を拡充し、 デフレ脱却へ金融緩和を維持する方針をあらてめて示した。

ニューヨーク連銀が発表した2月の同地区の製造業景況指数は予想 以上に低下し、ドルは通貨バスケットに対して上げを消す展開。新興国 通貨の中ではタイ・バーツが特に下落。バンコクで起きている警察と反 政府デモ隊の衝突が嫌気された。米財務省が発表した昨年12月の対米証 券投資統計によると、海外投資家の米国債保有高は2011年以来の大幅な 伸びとなった。

BNPパリバの通貨ストラテジスト、バシーリ・セレブリアコフ氏 (ニューヨーク在勤)は電話取材に対し、ドルが対円で「既に大きく反 落していた」と指摘。「長期的には上昇基調にあるという大方の見方に 変わりはない。問題はどの水準なら不安なく取引を再開できるかだ」と 述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ドルで前日比0.4%下げて 1ドル=102円36銭。一時は1月31日以来の安値となる102円74銭まで下 げた。円は対ユーロで0.8%下げて1ユーロ=140円83銭。一時は1月29 日以来の安値となる141円03銭まで下げた。ドルは対ユーロで0.4%安の 1ユーロ=1.3759ドル。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は1017.34で、ほぼ変わらず。

タイ・バーツ

バーツは約6週間ぶりの大幅安。タイ警察はバンコクに集結してい るデモ隊の排除に動き、治安当局者らによると、両者の衝突で2人が死 亡、少なくとも58人が負傷した。バーツは0.8%下げて1ドル=32.492 バーツ。

日本の内閣府が17日発表した昨年10-12月期の実質国内総生産 (GDP)速報値は前期比年率で1.0%増と、前期の1.1%増から減速。 事前予想も下回った。これを受けて日本銀行が緩和策を強化するとの観 測が強まった。

BNPパリバの為替ストラテジスト、マイケル・スネイド氏(ロン ドン在勤)は「日銀から何らかのハト派的なニュースが出てくれば、ド ルは対円で上昇する余地がある」と指摘。「対円でのドル・ロングは当 社が選好する取引の一つだ」と述べた。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査の予想中央値では、円 は年末までに1ドル=110円まで下げる見通し。BNPは118円までの円 安を予想しており、円に対し6番目に弱気な予測を示した。

製造業景況指数が低下

先進10カ国の通貨で構成されるブルームバーグ相関加重通貨指数に よると、円は過去6カ月に5.9%下落。カナダ・ドルに次いで2番目に 大幅な下げとなった。ドルは0.8%下げ、ユーロは2.8%上昇した。

ニューヨーク連銀が発表した2月の同地区の製造業景況指数は4.48 と、前月の12.51から低下した。ブルームバーグ・ニュースがまとめた エコノミスト予想中央値は8.5だった。統計を受けてドルには売りが出 た。

BNPのセレブリアコフ氏は同統計について、「予想より悪かっ た。ここ数カ月データの振れ幅を大きくしている天候要因が2月も続い たのは明らかだ」と指摘。「依然解釈の難しい数字だ」と続けた。

19日に公表される連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録(1月 会合)を控え、ドルは大半の主要通貨に対して堅調に推移した。

ブラックロックのグローバルチーフ投資ストラテジスト、ラス・ケ ステリッヒ氏(ニューヨーク在勤)はシドニーからの電話で、「欧州中 央銀行(ECB)と日銀が追加緩和を講じる可能性が高い一方で、 FOMCで起きつつある小さな変化は緩和縮小の方向だ」と指摘。「こ の状況は対ユーロ、対円でのドル上昇を支える」と続けた。

原題:Yen Slides as Bank of Japan Boosts Lending; Forint Declines(抜粋)

◎米国株:S&P500種が最高値に接近、フォレスト・ラボ急伸

18日のS&P500種株価指数は上昇。終値ベースでの最高値まで8 ポイント以内に迫った。朝方発表されたニューヨーク連銀地区製造業景 況指数が予想を下回ったが、アクタビスによる250億ドルでのフォレス ト・ラボラトリーズ買収合意が好感された。

フォレストの株価は28%急伸。アクタビスはアルツハイマー治療薬 「ナメンダ」を手掛けるフォレストを買収することで合意した。コカ・ コーラは下落。第4四半期決算が減益だったことが売り材料となった。 住宅建築のD.R.ホートンやパルトグループは下落。2月の住宅市場 指数が過去最大の落ち込みとなったことが影響した。

S&P500種株価指数は前営業日比0.1%高の1840.76。ダウ工業 株30種平均は23.99ドル(0.2%)下落し16130.40ドルで終えた。

ペン・キャピタル・マネジメントのリサーチディレクター兼運用担 当者、エリック・グリーン氏は「弱い経済統計は市場に響かなかった」 と述べ、「天候が統計に大きく影響しているというのがコンセンサスの ようだ。見通しは今のところ穏やかだ。株式市場はおそらく短期的に新 たな高値に到達しそうだ」と続けた。

FOMC議事録

米連邦準備制度理事会(FRB)は19日、連邦公開市場委員会 (FOMC、1月28-29日開催)の議事録を公表する。金融当局による 3度の金融緩和でS&P500種株価指数は2009年の12年ぶり安値から最 大で173%値を戻した。

過去2週間に発表された米経済統計は1月の雇用統計を含め市場予 想を下回るものもあったが、投資家はそれを重要視していない。それは 株価にも反映されている。S&P500種は今年1月15日に最高値をつけ たものの、その後は米金融当局による緩和縮小懸念を背景に新興市場で 混乱が広がり、S&P500種は最大で5.8%下げた。それ以来、S& P500種は5.7%値を戻し、年初からのマイナスを0.4%まで縮小した。

ニューヨーク連銀が発表した2月の同地区の製造業景況指数は4.5 に低下した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中 央値は8.5だった。同指数はゼロが景況の拡大と縮小の境目を示す。

米国では緩和策の縮小に動いているが、日本銀行が18日開いた金融 政策決定会合では、3月末に期限が来る「成長基盤強化を支援するため の資金供給」を1年間延長し、「本則」の供給枠を従来の3.5兆円から 7兆円に拡大することを決めた。また、中国人民銀行(中央銀行)は昨 年6月以来となるレポを実施し、金融システムから資金を吸収した。

中銀が相場を動かす材料

バンク・ボノート(ヌーシャテル)のジャンポール・イエケルマン 最高投資責任者(CIO)は「短期的には中央銀行が再び相場を動かす 材料になっているようだ」と述べ、日銀が資金供給枠を拡大し、中国人 民銀はマネーマーケットから資金を吸収した。中銀に関するニュースは まだ全然終わりではない」と続けた。

S&P500種構成銘柄のうち、この日は12社が決算を発表した。ブ ルームバーグがまとめたデータによると、これまでに業績発表したS& P500種採用銘柄のうち、約74%で利益がアナリスト予想を上回った。 売上高が予想を上回ったのは64%。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)はこの日2.2%上昇して13.87と、7営業日ぶりの上昇だっ た。VIXは年初から1.1%上昇した。

フォレストは急伸。時価総額で世界2位の後発医薬品(ジェネリッ ク)メーカー、アクタビスがフォレストを約250億ドルで買収する。フ ォレスト第2の株主である資産家カール・アイカーン氏は同社に身売り を働き掛けていた。

コカ・コーラは3.8%安。ムフタル・ケント最高経営責任者 (CEO)はサプライおよびデータ管理コストの削減と、マーケティン グプログラムの見直しにより、2016年までに10億ドルを削減する計画を 発表した。

原題:S&P 500 Rises Toward Record as Forest Labs Deal Offsets Economy(抜粋)

◎米国債:反発、10年債は1週間ぶり低利回り-経済指標が軟調で

米国債相場は反発。10年債利回りは1週間ぶりの水準に低下した。 ニューヨーク連銀が発表した2月の同地区の製造業景況指数が予想以上 に低下し、米国の景気回復が足踏みしているとの見方が強まった。

2年債と10年債の利回り差はここ1週間で最小に縮小した。米建設 業者の景況感を示す2月の住宅市場指数は前月比で過去最大の落ち込み を記録した。外国人投資家による米国債の保有額は12月に2011年以降で 最大の増加となった。米連邦準備制度理事会(FRB)は19日に1月の 連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録を公表する。同会合では2度 目の債券購入縮小が決定された。

BNPパリバの金利ストラテジスト、アーロン・コーリ氏(ニュー ヨーク在勤)は「予想よりも弱い経済指標という全般的な流れが、最近 の国債相場上昇につながっている」と指摘。「FOMCメンバーの中で 何が最も議論の対象となったかを推し量る上で、議事録は有用になるだ ろう。量的緩和の縮小方針の変更という面で、当局はかなり高いハード ルを設定した」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前営業日比4ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下の2.71%。一時は2.69%と、11日以来の低水準を 付けた。同年債(表面利率2.75%、2024年2月償還)価格は10/32上げ て100 3/8。2年債利回りは1bp低下の0.3%。

2年債と10年債の利回り差は2.41ポイントと、終値ベースで11日以 来の最小に縮小した。利回り曲線の平たん化は景気鈍化見通しを反映す るといわれる。

TBレート

1カ月物財務省短期証券(TB)のレートはほぼ変わらず の0.0101%。4日には0.1369%と、昨年10月以来の高水準を付けた。債 務上限の適用を一時的に停止する法律が失効する7日を前に、議会の交 渉が行き詰まるとの懸念が背景にあった。先週、議会が連邦債務上限の 適用を2015年3月まで停止する法案を可決すると、レートは低下した。 オバマ大統領は15日に同法案に署名した。

対米証券投資統計によると、外国人による米国債の保有額は12月 に1.4%(780億ドル)拡大し、5兆7900億ドルと過去最大を記録し た。2013年末時点で発行済みの米国債11兆8700億ドルのうち、外国人 は49%を保有している。

2013年通年では外国人の米国債保有額は4%(2211億ドル)増 と、2006年以来の低い伸びにとどまった。

中国の米国債保有額は3.6%減少の1兆2700億ドルと、減少率 は2011年12月以来で最大。13年通年では4%増加し、2年連続で増え た。11年は初めて減少していた。

日本の米国債保有

日本は通年で6.4%増の1兆1800億ドルと、6年連続で増加。12月 は0.3%減少した。

ニューヨーク連銀が発表した2月の同地区の製造業景況指数は4.48 と、前月の12.51から低下した。ブルームバーグ・ニュースがまとめた エコノミスト予想中央値は8.5だった。

全米ホームビルダー協会(NAHB)とウェルズ・ファーゴが発表 した2月の米住宅市場指数は46と、前月の56から低下。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト調査の最も悲観的な予想も下回っ た。同指数で50を下回ると住宅建設業者の多くが現況を「悪い」とみて いることを示す。

BTIGのチーフ・グローバル・ストラテジスト、ダン・グリーン ハウス氏は「景気が減速していると市場が判断するまで恐らくレンジ取 引になるだろう」と指摘した。

10年債利回りは1月2日に3.05%と、2011年7月以来の高水準を付 けた。その後、2月3日には3カ月ぶり低水準となる2.56%まで低下し た。ブルームバーグが金融機関を対象に実施した調査では年末まで に3.40%まで上昇すると予想(中央値)されている。

原題:Treasury Yield Falls to One-Week Low on Wagers Economy Stumbling(抜粋)

◎NY金:15週ぶりの高値から下げる-需要減退の観測で

ニューヨーク金相場は15週ぶりの高値から値を消した。最近の上昇 を受けて延べ棒やコインの需要が減少するとの観測が背景。米造幣局に よると、アメリカンイーグル金貨の販売量は2月に入って1万3000オン スとなっている。1月は月間で9万1500オンスだった。

アーチャー・フィナンシャルのシニア市場ストラテジスト、アダ ム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、 「現物の買い手は再び買いを入れる前に下落する局面を待っている」と 指摘。「軟調な経済指標はここのところ金を支えている」とも述べた。

金直物相場はニューヨーク時間午後2時36分現在、前営業日 比0.4%安の1323.75ドル。一時は1332.45ドルと、昨年10月31日以来の 高値をつけた。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門 の4月限は前週末比0.4%高の1オンス=1324.40ドルで終了。前日は祝 日で通常取引は休場だった。

原題:Gold Falls From 15-Week High as Demand Slackens Following Rally(抜粋)

◎NY原油:上昇、102ドル超え-クッシング在庫の減少観測で

ニューヨーク原油先物相場は上昇。1バレル=102ドルを上回り、 4カ月ぶりの高値となった。ウェスト・テキサス・インターミディエー ト(WTI)原油の受け渡し地点、オクラホマ州クッシングで先週分の 在庫が減少したとの観測が背景にある。米国での寒冷な天候も需要増に つながった。

アイアイトレーダー・ドット・コムの市場担当シニアストラテジス ト、ビル・バルーク氏(シカゴ在勤)は「クッシング在庫はまた減少す る可能性が高い。市場はそれを反映している。最近の天候を考慮し、留 出油の在庫にも高い注目が集まるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は前営業 日比2.13ドル(2.1%)高の1バレル=102.43ドルと、終値としては昨 年10月10日以来の高水準となった。17日はプレジデンツデ-の祝日のた め通常取引はなかった。

原題:WTI Crude Rises to Four-Month High as Cushing Supply Seen Lower(抜粋)

◎欧州株:ほぼ変わらず、独景況感予想下回る-インディテックス安い

18日の欧州株式相場は前日から変わらずとなった。前日までは2日 連続で上昇していた。ドイツの投資家信頼感が予想以上に落ち込んだほ か、米ニューヨーク連銀地区の製造業景況指数が予想に届かなかったこ とが背景。

スペインの衣料小売りインディテックスは4%安。同銘柄の投資判 断をシティグループが引き下げたことが売り材料。英電力供給最大手の セントリカは1.3%下落。同銘柄の売りをUBSが推奨した。一方、フ ランスの仏小売り、カジノ・ギシャール・ペラションは3.2%上昇。同 社の2013年通期決算が18%増益となった。

ストックス欧州600指数は334.6で終了。前日比では0.1%未満の上 げにとどまった。先週は2.5%上げていた。

モンテーニュ・キャピタル(パリ)のファンドマネジャー、アルノ ー・スカルパシ氏はインタビューで、「今朝発表されたZEW指数には 失望した」と述べ、「今年は欧州株をオーバーウエートにしていたが、 現在はエクスポージャー縮小に傾きつつある」と語った。

欧州経済研究センター(ZEW)がこの日発表した2月の独期待指 数は55.7と、前月の61.7を大きく下回った。昨年12月は62で、7年ぶり 高水準に達していた。ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査で は61.5への小幅低下が見込まれていた。同指数は向こう6カ月の見通し を示す。

18日の西欧市場では18カ国中12カ国で主要株価指数が下落。仏 CAC40指数は0.1%下げた。一方、英FTSE100指数は0.9%高とな った。

原題:Europe Stocks Little Changed as German Confidence Index Weakens(抜粋)

◎欧州債:イタリア債利回り、8年ぶり低水準に低下-連立協議始まる

18日の欧州債市場ではイタリア国債が上昇し、10年債利回りは2006 年以来の低水準となった。次期首相に指名されたマッテオ・レンツィ氏 は立法措置方針を示し議会での過半数支持獲得に向け政党指導者との協 議を始めた。

10年債相場は4営業日続伸。レッタ首相の辞任に伴い、ナポリター ノ大統領は17日、レンツィ氏に組閣を要請した。スペインがこの日実施 した入札で、1年物証券の落札利回りは過去最低となった。欧州中央銀 行(ECB)が3月に利下げに踏み切るとの観測が背景にある。2月の ドイツの投資家信頼感が2カ月連続で悪化し、ドイツ国債は下げ止まっ た。

DZ銀行(フランクフルト)のアナリスト、クリスティアン・レン ク氏はイタリアの首相交代について、「具体的な動きはまだないもの の、市場は前向きに捉えている」とし、同国債の「利回り格差が数年ぶ りの水準に低下していることに目を向ければ、ムードは総じてまだポジ ティブだ。コンセンサスを見てみると、ECBが3月の会合で利下げを 実施する可能性も高い」と語った。

ロンドン時間午後4時41分現在、イタリア10年債利回りは前日比6 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.56%。これは06年 1月以来の低水準。同国債(表面利率4.5%、2024年3月償還)価格 は0.47上げ108.13となった。

30年債利回りは一時4bp下げ4.49%と、07年3月以降で初め て4.5%を割り込んだ。

ドイツ10年債利回りは1.67%。前日までの2営業日で2bp上げて いた。欧州経済研究センター(ZEW)が発表した2月の独景況感指数 は55.7と、前月の61.7を下回った。同指数は向こう6カ月の見通しを示 す。

英国債相場は上昇し、10年債利回りは前日比3bp低下の2.75%。 一時は2.73%と、11日以来の低水準となった。同国債(表面利 率2.25%、2023年9月償還)価格は0.27上げ95.835。

原題:Italian Bond Yield Falls to Eight-Year Low as Renzi Starts Talks(抜粋) Pound Slides Against Euro After Inflation Slows; U.K. Bonds Rise (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE