2月17日の海外株式・債券・為替・商品市場-米国は休日

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎外為:円が下落、日本のGDPが予想下回り-ルーブルは過去最安値

17日の外国為替市場で円は下落。日本の国内総生産(GDP)成長 率が市場予想を下回ったことで、日本銀行が緩和策を強化するとの観測 が強まった。米国はプレジデンツデーの祝日だった。

円は主要16通貨の14通貨に対して下落。ロシア通貨ルーブルはロシ ア中央銀行の通貨バスケットに対して下げ、過去最安値を更新した。1 月の鉱工業生産が予想に反して減少したことが嫌気された。

マネックス・ヨーロッパの市場アナリスト主任、アイメア・デーリ ー氏(ロンドン在勤)は「円をショートにする動きが本格的になってい る」と指摘。「誰もが第4四半期中の持ち直しを期待していたことを思 えば、実際のデータはかなり貧弱だった。追加緩和に関する憶測が浮上 している」と述べた。

ロンドン時間午後4時12分(日本時間18日午前1時12分)現在、円 は対ユーロで前週末比0.2%安の1ユーロ=139.67円。対ドルでは0.1% 下げて1ドル=101円90銭。前週末までの3営業日では0.8%上昇してい た。ユーロは対ドルで0.1%上昇し1ユーロ=1.3707ドル。

昨年10-12月期の日本の実質国内総生産(GDP)速報値は前期比 年率で1.0%増と、前期の1.1%増から減速。ブルームバーグ・ニュース による事前予想の中央値は前期比年率2.8%増。

日銀は物価上昇促進を狙い、月額7兆円強の長期国債を買い入れて いる。これを背景に円は昨年、対ドルで18%値下がりし、主要10通貨の 中で最も大きく下げた。

追加緩和への期待

三菱東京UFJ銀行の為替ストラテジスト、リー・ハードマン氏 (ロンドン在勤)は「日本の第4四半期GDPは期待を裏切り、投資家 は年内に日銀が追加緩和を講じるとの期待を強めた」と述べた。その上 で、「当社としては即座にその必要はないとみている」と付け加えた。

ルーブルはドルとユーロで構成する通貨バスケットに対し、前週末 比0.5%安の40.1010ルーブルとなった。ロシア国家統計局の発表によれ ば、1月の鉱工業生産は前年同月比0.2%減少。ブルームバーグがまと めたエコノミスト19人の調査中央値では1%増が見込まれていた。

ロシア財務省は政府系ファンド(SWF)の準備補充で約60億ドル 相当の外貨を購入する計画。ロスバンク(モスクワ)のアナリスト、エ フゲニー・コシェレフ氏は「財務省が準備基金に関しどのように通貨を 交換するか決定するまで、ルーブルへの圧迫は続く」とのリポートを電 子メールで発表した。

原題:Yen Falls as Japan’s GDP Misses Estimates; Ruble Drops to Record(抜粋)

◎米国株:プレジデンツデーで休場。

取引は18日に再開される。

◎米国債:プレジデンツデーで休場。

取引は18日に再開される。

◎NY金:プレジデンツデーで休場。

通常取引は18日に再開される。

◎NY原油:プレジデンツデーで休場。

通常取引は18日に再開される。

◎欧州株:ストックス600、上昇-不動産と電話、鉱山株が高い

17日の欧州株式相場は上昇。不動産関連株と電気通信銘柄、鉱山株 の上げが目立った。指標のストックス欧州600指数は先週、週間ベース で年初来最大の上げとなっていた。

英不動産開発のハマーソンは3.1%上昇。増益決算が買い材料。産 金会社ポリメタル・インターナショルは4%上昇。英携帯電話サービス のボーダフォン・グループと英電話会社BTグループも大きく上げた。 ドイツのカーボングラファイト製品メーカー、SGLカーボンは2009年 3月以来の大きな値上がり。独自動車メーカーのBMWが、炭素繊維の 需要増への対応で共同生産体制を強化すると発表した。

ストックス欧州600指数は前週末比0.4%高の334.56で終了。過去9 営業日で8回目の上昇日となった。同指数は先週2.5%上げていた。

コンパス・キャピタル(チューリヒ)のベネディクト・ゲーテ最高 経営責任者(CEO)は「3月に向けて、再び少し上げていくのではな いかと期待している。米国市場の休場で、この日は静かなようだ」と語 った。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、この日の構成銘柄の売 買高は30日平均を34%下回った。

17日の西欧市場では18カ国中12カ国で主要株価指数が上昇。英 FTSE100指数は1.1%高となった一方、仏CAC40指数は0.1%下げ た。

原題:European Stocks Gain After Best Weekly Rally of 2014; SGL Jumps(抜粋)

◎欧州債:イタリア債利回り低下、8年ぶり低水準-レンツィ氏組閣へ

17日の欧州債市場ではイタリア国債が、スペインとポルトガルの国 債ともに上昇した。同国の最大与党・民主党のレンツィ書記長が首相に 就任して経済改革が加速するとの期待が高まった。

イタリア10年債利回りは約8年ぶり低水準を付けた。ナポリターノ 大統領から組閣要請を受けたレンツィ氏は、向こう100日の立法措置の 方針を打ち出し、議会での過半数支持獲得を目指している。ポルトガ ル10年債利回りは2010年以降の最低となった。ユーロ圏で景気回復の勢 いが増しつつある兆候を受け、高利回り債の需要が高まっている。一 方、域内で最も安全とされるドイツ国債の需要が後退し、同国債は下げ た。

コメルツ銀行の金利ストラテジスト、ライナー・ギュンターマン氏 (フランクフルト在勤)は「レンツィ氏はレッタ氏よりも積極的な人物 とみられており、レンツィ氏が率いる政権が誕生する確率は高い」と し、「利回りが求められる環境となっている。中核国の国債利回りは多 くの投資家にとってあまりにも低く、周辺国債のスプレッド(利回り格 差)は依然としてかなり魅力的だ」と語った。

ロンドン時間午後4時25分現在、イタリア10年債利回りは前週末比 6ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.63%。06年1月 以来の低水準となる3.61%まで下げる場面もあった。同国債(表面利 率4.5%、2024年3月償還)価格は0.515上げ107.565。ドイツ10年債と のスプレッドは7bp縮小の191bp。これは11年7月以降で最小。

ドイツ国債は続落し、10年債利回りは1bp上げ1.68%。

英国債相場は前週末からほぼ変わらずで、10年債利回りは2.78%と なった。先週は8bp上げていた。同国債(表面利率2.25%、2023年9 月償還)価格は95.56。

原題:Italian Bonds Advance With Spain’s as Renzi Sets Out New Agenda(抜粋) Pound Falls From Four-Year High Amid Concern Recovery Will Slow (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE