怖い映画見ながら食べたスナックは心の友に-広告のアイデア

映画やドラマを見ながら感じたこと は、同時に目にした商品にも投影される。これはよく知られていること で、プロダクトプレースメントと呼ばれる広告手法の根拠になってい る。映画や番組の中に商品を登場させて認知度やイメージを高めようと するこの手法に、企業は何百、何千万ドルを費やす。面白い映画の中に 登場したブランドは、消費者から面白いイメージで記憶されると考えら れている。広告主がホラー映画を避けるのはこのためだ。自社商品を恐 怖感と結び付けられてはたまらない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。