エチオピア航空機を副操縦士がハイジャック、スイス亡命求める

エチオピア航空の旅客機が17日、副 操縦士の男によってハイジャックされた。アディスアベバからローマに 向かっていた同機はスイスの空港に着陸。警察は犯人を拘束し、その後 に乗客と乗員は全員解放された。

202人が搭乗していたボーイング「767」は、ジュネーブのコアント ラン国際空港に午前6時(日本時間午後2時)過ぎに着陸。当局が同日 の記者会見で明らかにしたところによれば、同機の操縦士がトイレに行 っている間に副操縦士が同空港まで強制的に進路を変更した。エチオピ ア人の犯人はスイスへの亡命を求めたという。同空港は一時閉鎖され た。

原題:Ethiopian Air Jet Hijacked by Co-Pilot Makes Geneva Landing (4)(抜粋)

--取材協力:Jan-Henrik Forster、Simeon Bennett. Editors: Benedikt Kammel, Ravil Shirodkar

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE