外為:円が下落、GDPが予想下回り-ルーブルは過去最安値

17日の外国為替市場で円は下落。日 本の国内総生産(GDP)成長率が市場予想を下回ったことで、日本銀 行が緩和策を強化するとの観測が強まった。米国はプレジデンツデーの 祝日だった。

円は主要16通貨の14通貨に対して下落。ロシア通貨ルーブルはロシ ア中央銀行の通貨バスケットに対して下げ、過去最安値を更新した。1 月の鉱工業生産が予想に反して減少したことが嫌気された。

マネックス・ヨーロッパの市場アナリスト主任、アイメア・デーリ ー氏(ロンドン在勤)は「円をショートにする動きが本格的になってい る」と指摘。「誰もが第4四半期中の持ち直しを期待していたことを思 えば、実際のデータはかなり貧弱だった。追加緩和に関する憶測が浮上 している」と述べた。

ロンドン時間午後4時12分(日本時間18日午前1時12分)現在、円 は対ユーロで前週末比0.2%安の1ユーロ=139.67円。対ドルでは0.1% 下げて1ドル=101円90銭。前週末までの3営業日では0.8%上昇してい た。ユーロは対ドルで0.1%上昇し1ユーロ=1.3707ドル。

昨年10-12月期の日本の実質国内総生産(GDP)速報値は前期比 年率で1.0%増と、前期の1.1%増から減速。ブルームバーグ・ニュース による事前予想の中央値は前期比年率2.8%増。

日銀は物価上昇促進を狙い、月額7兆円強の長期国債を買い入れて いる。これを背景に円は昨年、対ドルで18%値下がりし、主要10通貨の 中で最も大きく下げた。

追加緩和への期待

三菱東京UFJ銀行の為替ストラテジスト、リー・ハードマン氏 (ロンドン在勤)は「日本の第4四半期GDPは期待を裏切り、投資家 は年内に日銀が追加緩和を講じるとの期待を強めた」と述べた。その上 で、「当社としては即座にその必要はないとみている」と付け加えた。

ルーブルはドルとユーロで構成する通貨バスケットに対し、前週末 比0.5%安の40.1010ルーブルとなった。ロシア国家統計局の発表によれ ば、1月の鉱工業生産は前年同月比0.2%減少。ブルームバーグがまと めたエコノミスト19人の調査中央値では1%増が見込まれていた。

ロシア財務省は政府系ファンド(SWF)の準備補充で約60億ドル 相当の外貨を購入する計画。ロスバンク(モスクワ)のアナリスト、エ フゲニー・コシェレフ氏は「財務省が準備基金に関しどのように通貨を 交換するか決定するまで、ルーブルへの圧迫は続く」とのリポートを電 子メールで発表した。

原題:Yen Falls as Japan’s GDP Misses Estimates; Ruble Drops to Record(抜粋)

--取材協力:Yudith Ho、Elffie Chew. Editors: Garfield Reynolds, Naoto Hosoda

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE