北京市の大気汚染、春節明けに緩和-花火打ち上げで悪化後

中国・北京市では大気汚染の程度が 春節(旧正月)の連休明け後に緩和している。連休の最終日に伝統的に 行われる花火の打ち上げにより、大気汚染は一段と危険な水準に悪化し ていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。