【海外アラカルト】タイガーマザーと一人っ子政策、短命政権

上海に住むローザ・シアさん(39)は一人っ子政策の中国で二人目 の子どもを持つことを認められているが、そんな余裕はないと考えてい る。ベビーシッターとして月6000元(約10万円)を稼ぐが、12歳の一人 娘エイミーさんの食費や学費、音楽やバレエのレッスン代に加え将来の 教育費の蓄えも必要だ。中国は昨年、夫婦のどちらかが一人っ子なら第 2子を持つことができるよう政策の緩和を決めた。しかし、シアさんの ような中国版タイガーマザーの存在は、出生率が上昇する可能性が低い とみられる一因だ。(17日)China Tiger Moms Turn Guardians of One-Child Policy as Law Eases

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。