中国光大証券の元トレーダー、証監会を提訴-業界追放を不服

誤発注で中国株式市場を混乱させた 光大証券の元トレーダー、楊剣波氏が証券業界からの追放処分を不服と して中国証券監督管理委員会(証監会)を相手取り訴訟を起こした。

光大証券のソフトウエアの不具合で234億元(約3900億円)相当の 買い注文が誤って出された昨年8月16日、グローバル市場責任者だった 楊氏は同社の自己資金を管理していた。この誤発注により、中国本土市 場の主要株価指数は6%余り動いた。

証監会は、光大証券が誤発注を公表する前にその取引を打ち消すた め上場投資信託(ETF)を売却し指数先物を空売りするインサイダー 取引に関与していたことが判明したと発表。楊氏は業界から永久追放さ れた。証監会は同年8月30日、同社に対する過去最大の5億2300万元と いう制裁金処分などを打ち出していた。

楊氏(36)は電話インタビューで、「私に対する制裁の取り消しを 求めている」と述べた。証監会から60万元の制裁金支払いを命じられた 同氏は、今月8日に北京で訴えを起こしたことを明らかにした。光大証 券を退社した楊氏は今、上海の大学で教えているという。

証監会には電話とファクスで取材を試みているが、今のところ返答 はない。光大証券に2度電話したが返答は得られていない。

原題:Ex-Trader Sues China Securities Watchdog to Repeal Life Ban (1)(抜粋)

--Aipeng Soo, 取材協力:Daryl Loo、Li Liu. Editors: Hwee Ann Tan, John Liu

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE