ヘッジファンドの原油買い越し、約5カ月ぶり高水準に増加

ヘッジファンドによる原油相場上昇 を見込む買い越しが約5カ月ぶりの高水準に増加した。米オクラホマ州 とメキシコ湾岸の製油地帯を結ぶ新パイプラインが滞留していた在庫の 解消につながり、相場は1バレル当たり100ドルを超える水準に上昇し ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。