10-12月GDPはプラス1.0%成長、外需響いて事前予想に届かず

昨年10-12月期の実質国内総生産 (GDP)速報値は前期比年率で1.0%増と、4四半期連続でプラス成 長となった。消費税率引き上げ前の駆け込み需要もあり個人消費が堅調 だったが、外需が全体を押し下げてプラス幅は予想を下回った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。