2月英住宅売却希望価格、危機前以来の大幅上昇-ライトムーブ

ロンドンの2月の住宅売却希望価格 は大きく上昇したことが、英住宅不動産ウェブサイト、ライトムーブの 調べで分かった。英国全体では前年同月比ベースで金融危機前以来の大 幅上昇となった。

17日の発表資料によると、ロンドンの住宅売却希望価格は前月 比5.2%上昇し、平均54万1313ポンド(約9210万円)となった。前年同 月比では11.2%値上がりした。英国全体では前月比3.3%、前年同月比 では6.9%それぞれ上昇。前年比ベースでは2007年11月以来の大幅な値 上がりとなった。

ライトムーブのディレクター、マイルズ・シップサイド氏は「今月 の大幅上昇は祝祭の季節に伴う落ち込みからの反動で誇張されている」 と指摘。「春の引っ越しシーズンが通常1年のうちで一番の繁忙期だ。 つまり、多くの地域で需要が強く、最も売れる数カ月を迎えるに当た り、不動産会社は新たな売却希望者に対して高値で売ることを目指すよ う勧めるだろう」と述べた。

ライトムーブによれば、新規物件は2月に前年同月比18%増加した ものの、依然として需要が供給を上回っている。この結果、不動産業者 の1支店当たりの取引可能な物件数は平均57と、前月の58から減少し た。

原題:London House-Price Surge Drives U.K. Values in Spring Bounce(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE