米1月住宅着工は悪天候で減少、英失業率は7%に迫る水準か

今週発表の米経済指標では、1月の 住宅着工件数が減少したことが示されそうだ。例年より厳しい寒さと吹 雪で作業に遅れが生じたとみられている。小売売上高や製造業、雇用の 伸びの足かせとなった悪天候は住宅用不動産市場にも響いたようだ。ま た、借り入れコストの高止まりに伴い中古住宅販売も鈍ったと見込まれ ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。