日本株3日ぶり反発、海外景気を楽観-GDP受け政策期待も

東京株式相場は3営業日ぶりに反 発。欧米の経済統計を受けて海外景気の先行きに楽観的な見方が優勢と なり、電機など輸出関連株の一角、非鉄金属など素材関連、商社株など が買われた。パルプ・紙や電力、証券株も堅調。日本の国内総生産 (GDP)が予想から下振れ、日本銀行の政策支援期待も浮上した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。