日銀:長期国債残高の来年見通し公表せず-月額「7兆円強」も柔軟に

日本銀行は量的・質的金融緩和の下 で目標としているマネタリーベースや保有長期国債の残高見通しについ て、来年以降の分は公表しない見通しだ。現在のペースで金融緩和を続 けた場合の残高を公表すれば、今後の金融政策に予断を招きかねないこ とが理由。長期国債の買い入れ額も従来の毎月「7兆円強」を「6兆~ 8兆円」のレンジの運営に修正する方針だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。