中国工商銀:中東での買収検討、今年の利益50%増狙う

中国工商銀行は中東での利益を今 年50%引き上げる計画で、その一環として同地域での買収を検討する。

同行の中東担当責任者、周暁東氏はインタビューで「買収機会の有 無を探っている」と発言。「これは良い戦略だ。工商銀が香港で急成長 した理由の一部は買収にある」と語った。

周氏によると工商銀は2016年までに海外での利益を3倍に増やす目 標を掲げており、中東企業との取引拡大を目指している。従来は中東に 進出している中国企業の現地部門との取引が中心だったという。同行は クウェートとサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)にリテール の支店を開設する計画だ。

工商銀は13年にはエミレーツ航空やカタール航空などの中東の顧客 に6億ドル(約610億円)を融資した。今年はドバイの不動産プロジェ クトやアブダビのエネルギー企業、カタールのインフラ向けなどへの貸 し出し増を目指している。

原題:China’s ICBC Weighs Acquisitions in Middle East to Boost Profit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE