日銀サーベイ:追加緩和「7-9月」主流、物価高で「4-6月」から

足元で物価が着実に上昇しているこ とから、エコノミストの間では、日本銀行の追加緩和の予想時期につい て、消費税率引き上げ直後の「4-6月」から、「7-9月」以降が主 流となりつつある。

エコノミスト34人を対象にブルームバーグ・ニュースが行った調査 で、全員が17、18日の金融政策決定会合で政策の現状維持が決まると予 想した。追加緩和の予想時期としては、消費税率引き上げ後の4-6月 が9人(26%)と前回調査(33%)から減少。代わりに7-9月が12人 (35%)と前回調査(28%)を上回り、最多の回答となった。

昨年12月の消費者物価指数(生鮮食品を除いたコアCPI)は前年 同月比1.3%上昇と7カ月連続で上昇。2カ月連続で事前予想を上回っ た。岩田規久男副総裁は6日の講演で、コアCPIは「本年夏場にかけ ては、基調的な物価上昇圧力は強まっていく一方、石油製品を中心とし たエネルギー関連のプラス寄与が縮小していくことから、1%台前半で 推移する」と指摘。「2015年度までの見通し期間の後半にかけて、物価 安定の目標である2%程度に達する可能性が高い」と述べた。

追加緩和予想時期を1-3月から10-12月に後ずれさせた三菱 UFJモルガン・スタンレー証券の六車治美シニアマーケットエコノミ ストは「日銀は4月の展望リポートで『14年度後半から15年度にかけて コアCPIは2%の物価安定目標に近づく』との見通しを維持するだろ う」と指摘。初めて示される16年度のコアCPI見通しについても 「2%程度を提示。7月の中間評価でも同様だろう」と語る。

4月追加緩和の可能性は低下

もっとも、「7-9月に入っても個人消費や住宅投資は明確な持ち 直しが確認できず、輸出や設備投資も回復に加速感を欠く。コアCPI 前年比は徐々に1%を割り込む」と予想。日銀は10月展望リポートで物 価見通しを下方修正し、①マネタリーベースの年間増加ペースを「60兆 ~70兆円」から「65兆~75兆円」に②長期国債保有残高の年間増加ペー スを「50兆円」から「60兆円」に③指数連動型上場投資信託(ETF) 年間買い入れ額を「1兆円」から「2兆円」に拡大すると予想する。

引き続き4-6月の緩和予想を維持しているJPモルガン証券の菅 野雅明チーフエコノミストは「1カ月前に比べると、4月追加緩和の可 能性は低下した」と指摘。「4月にかけて1ドル=105円を上回る円安 になると追加緩和は見送るだろう」とみる。

菅野氏はその上で「安倍首相が本年末に消費税率の再引き上げを決 断するためには第3四半期はそれなりに高い成長率が必要だが、それに は4月の追加緩和が必要だ。第2四半期の経済指標を待って判断するの では遅すぎる」と指摘。「追加緩和を7月あるいは10月に決定する可能 性もあるが、それでは『ビハインド・ザ・カーブ』と市場から評価さ れ、追加緩和の効果は薄れるだろう」という。

2%達成に必要な円相場は

一方、ブルームバーグ調査では、コアCPIが「2015年度までの見 通し期間の後半にかけて2%程度に達する」という日銀の見通しが実現 するか、という質問に対し、「はい」という回答が引き続き2人にとど まった。一方で、2%実現の時期は「見通せない」との回答は14人 (41%)と、前回(42%)に続き4割を維持している。

調査ではさらに、「コアCPI前年比が15年度までの見通し期間の 後半にかけて2%程度に達する」ために、一段の円安が必要かどうかを 聞いたところ、29人(85%)が「はい」と回答。必要な円相場の水準は 中央値で1ドル=120円だった。

野村証券の松沢中チーフストラテジストは「円安や原油高、さらに は需給ギャップがプラス化することで達成した2%はあくまでも『追い 風参考記録』だ」と指摘。企業や消費者が2%インフレ率を前提にした 生産活動や消費活動、具体的には高付加価値商品・サービスへのシフト や過剰人員の削減、貯蓄の取り崩しを行い、さらにその成長モデルがグ ローバルな競争下で成立(経常黒字の維持)する必要があるという。

2年で2%の妥当性

菅野氏は「仮に円安で2%インフレになっても、『悪いインフレ』 であり、安定的に持続する状態ではない。家計所得の上昇は消費増税込 みのインフレ率を下回る可能性が高い。こうした状況下で輸入インフレ が加速すると実質所得は目減りし、消費にはマイナスだ」と指摘。 「2%インフレの目標時期を2年程度延長すべき。無理に短期間で達成 しようとすると、むしろ安定的なインフレではなくなる」としている。

日銀ウオッチャーを対象にしたアンケート調査の回答期限は15日午 前8時。調査項目は、①今会合での金融政策予想②追加緩和時期と手段や 量的・質的金融緩和の縮小時期、「2年で2%物価目標」実現の可能 性、目標修正の可能性③日銀当座預金の超過準備に対する付利金利(現 在0.1%)予想④コメント。

1)日銀はいつ追加緩和に踏み切るか?
===================================================
調査機関数                      34   100%
---------------------------------------------------
A) 今年1-3月                     4    12%
B) 今年4-6月                     9    26%
C) 今年7-9月                    12    35%
D) 今年10-12月                   5    15%
E) 来年以降                      2     6%
F) 追加緩和なし                  2     6%
===================================================

2)追加緩和の具体的な手段   
===================================================
調査機関数                      34   100%
---------------------------------------------------
a)マネタリーベースの拡大        23    68%
b)長期国債の買い増し            25    74%
c)リスク資産の買い増し         23    68%
d)付利の引き下げ                2     6%
===================================================
調査機関数                      34   100%
---------------------------------------------------
e)その他                         6    18%
===================================================

3)日銀が2%の「物価安定の目標」が安定的に持続すると判断し、
量的・質的金融緩和の縮小を開始する時期はいつ?
===================================================
調査機関数                      33    97%
---------------------------------------------------
A) 2014年上期                    0     0%
B) 2014年下期                    0     0%
C) 2015年上期                    0     0%
D) 2015年下期                    2     6%
E) 2016年上期                    5    15%
F) 2016年下期                    2     6%
G) 2017年上期                    2     6%
H) 2017年下期                    1     3%
I) 2018年以降                    7    21%
J) 見通せず                     14    41%
4)日銀は生鮮食品を除く消費者物価(コアCPI、消費増税の影響を
除く)の前年比が「2015年度までの見通し期間の後半にかけて2%程度
に達する」としてますが、この見通しが実現すると思いますか。
「いいえ」とお答えの場合、日銀は2年で2%の物価安定目標を修正
ないし放棄するとお考えですか。
===================================================
                              はい いいえ
---------------------------------------------------
見通しが実現する                 2     32
目標を修正ないし放棄する        16     16
===================================================

5)日銀は1月22日会合でコアCPI前年比見通し(委員の中央値、消
費増税の影響除く)を14年度1.3%上昇、15年度1.9%上昇に据え置きま
した。あらためてご自身の14年度と15年度のコアCPI前年比の見通し
(消費増税の影響除く)をお示しください。
====================================================
コアCPI前年比               14年度 15年度
----------------------------------------------------
予想中央値                    0.9%   1.0%
予想平均値                   0.96%  1.02%
====================================================
コアCPI前年比               14年度 15年度
----------------------------------------------------
予想最高値                    1.8%   2.0%
予想最低値                    0.5%   0.0%
予想最頻値                    1.0%   1.2%
----------------------------------------------------

6)コアCPI前年比が「2015年度までの見通し期間の後半にかけて
2%程度に達する」ために、一段の円安が必要だとお考えですか。
===================================================
調査機関数                      34   100%
---------------------------------------------------
はい                            29    85%
いいえ                           5    15%
--------------------円安レベル-----------------------
予想中央値                     120
予想平均値                     124
予想最高値                     150
予想最低値                     110
予想最頻値                     120
【各回答】                  
================================================================================
社名/氏名                     追加   緩和    出口   目標   コアCPI     円安
                              緩和   手段            達成14年度15年度  レベル
--------------------------------------------------------------------------------
メリルリンチ証券                 A     CE   見通せず  ×      1%  1.1%   110
バークレイズ証券                 C   ABCE 2018年以降  ×    1.3%  1.2%   140
BNPパリバ証券                    E     AB   見通せず  ×      1%  1.4%   120
シティグループ証券               C    ABC   見通せず  ×    0.9%  0.7%   145
クレディ・アグリコル証券         B      B 2018年以降  ×    0.9%  1.1%   130
クレディ・スイス証券             C      E   見通せず  ×    0.6%  0.6%   150
第一生命経済研究所               F     AB   見通せず  ×      1%  1.2%   120
大和総研                         B     BC   見通せず  ×    0.9%  0.9%
大和証券                         D      C   見通せず  ×    0.5%  0.7%   120
HSBCホールディングス                   C    ABC   見通せず  ×    0.8%  0.9%   120
伊藤忠経済研究所               C      C 2016年下期  ×    0.8%    1%   120
ジャパンマクロアドバイザーズ             B      E 2018年以降  ×      1%    0%   130
日本総合研究所                   C      C 2016年上期  ×    0.9%  1.2%
JPモルガン証券                   B    ABC 2018年以降  ×    1.4%  1.6%   120
明治安田生命保険                 A    ABC 2016年上期  ×      1%  0.8%   125
三菱UFJモルガンスタンレー証券            D    ABC   見通せず  ×    0.8%  0.8%
================================================================================
社名/氏名                     追加   緩和    出口   目標   コアCPI     円安
                              緩和   手段            達成14年度15年度  レベル
--------------------------------------------------------------------------------
三菱UFJモルガンスタンレー景気循環        F      E 2015年下期  〇   1.8%    2%   110
三菱UFJリサーチ&コンサルティング            B     AB   見通せず  ×    0.5%  0.2%   120
みずほ総合研究所                 A    ABC 2018年以降  ×    0.9%  1.1%   120
みずほ証券                      C    ABC   見通せず  ×    0.6%  0.4%   135
マネックス証券                   E    ABE 2016年上期  〇   1.6%  1.8%   110
モルガンスタンレー三菱UFJ証券            C    ABC             ×    0.8%  0.6%
ニッセイ基礎研究所               B    ABD 2018年以降  ×    0.7%  0.7%   120
野村証券                         D    ABC 2016年上期  ×    1.2%  1.2%   125
農林中金総合研究所               C   ABCD 2017年上期  ×    0.8%    1%   130
岡三証券                         C    ABC 2016年下期  ×    1.2%  1.5%   120
RBS証券                          B      C 2015年下期  ×    1.1%  1.3%   125
信州大学                         A   ABDE 2016年上期  ×    1.5%  1.7%
SMBCフレンド証券                 D      E   見通せず  ×      1%  1.2%
SMBC日興証券                     B    ABC 2017年下期  ×      1%    1%   125
ソシエテジェネラル証券         B    ABC 2017年上期  ×    0.9%  1.2%   115
三井住友アセットマネジメント              C   ABCE 2018年以降  ×    0.9%    1%   130
東海東京証券                     D    ABC   見通せず  ×    0.5%  0.5%   120
================================================================================
社名/氏名                     追加   緩和    出口   目標   コアCPI     円安
                              緩和   手段            達成14年度15年度  レベル
--------------------------------------------------------------------------------
東短リサーチ                     C    ABC   見通せず  ×      1%    1%   115
================================================================================
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE