ブラジル株(14日):ボベスパ指数3日ぶり上昇、PDG高い

14日のブラジル株式市場では指標の ボベスパ指数が3日ぶりに上昇。住宅建設のPDGレアルティSAエン プレエンジメントス・エ・パルチシパソンエスや小売業者のブラジレイ ラ・ジ・ディストリブイサン・グルーポ・パン・ジ・アスーカルは四半 期売上高の伸びが好感され買われた。

ボベスパ指数で上昇率トップは鉄道会社のオール・アメリカ・ラチ ーナ・ロジスチカ。同社はサトウキビ加工会社コザンSAインダストリ ア・エ・コメルシオの物流部門との統合で合意に近づいていると発表し た。アナリスト予想を上回る利益を発表した取引所運営のBM&Fボベ スパも高い。

ボベスパ指数は前日比0.8%高の48201.11で終了。値上がりは50銘 柄、値下がりは22銘柄。通貨レアルは現地時間午後5時23分(日本時 間15日午前4時23分)現在、0.3%上昇し1ドル=2.3860レアル。

原題:Ibovespa Snaps Two-Day Drop as Sales Growth Boosts PDG Realty(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE