米中は北朝鮮に関して見解一致、領有権問題では溝-ケリー長官

アジア歴訪中のケリー米国務長官 は14日、中国首脳らとの会談を終了した。長官は北朝鮮の核問題への対 応で圧力を強化する必要性について、米中両国の意見は一致していると し、「強い楽観」を抱いているとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。