米中は北朝鮮に関して見解一致、領有権問題では溝-ケリー長官

アジア歴訪中のケリー米国務長官 は14日、中国首脳らとの会談を終了した。長官は北朝鮮の核問題への対 応で圧力を強化する必要性について、米中両国の意見は一致していると し、「強い楽観」を抱いているとの認識を示した。

ケリー長官は習近平国家主席および王毅外相、楊潔篪国務委員との 会談後に北京で記者団に、中国は「その実現に向け自らの役割を果たす ことにコミットしており、この地域での情勢不安定や戦争勃発について も容認しないだろう」と述べた。ただ、近隣諸国との関係悪化につなが った中国の領有権をめぐる主張については、米中の見解はまとまらなか った。

長官は「北朝鮮の核開発プログラムを長期にわたって認めないとい う姿勢を中国はこの上なく強調、あるいは明確にした」と述べ、核兵器 放棄に向けたこれまでの合意を守るよう北朝鮮に圧力をかける追加的措 置に関しても米中は意見を交換したと付け加えた。

原題:U.S., China See Eye-to-Eye on N. Korea, Not on Maritime Disputes(抜粋)

--取材協力:アンディ・シャープ、Sam Kim、Henry Sanderson. Editors: Andrew Davis, アンディ・シャープ

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE