アングロ・アメリカン:13年通期は7%減益-評価損は19億ドル

英資源大手アングロ・アメリカン の2013年通期決算は7%減益となった。商品需要の低迷で、鉱山資産 で19億ドル(約1930億円)の評価損を計上したことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。