中国株:上昇-上海総合指数は週間で昨年9月以来の大幅高

中国株式相場は上昇。上海総合指数 は週間ベースで5カ月ぶりの大きな上げとなった。消費関連銘柄や製薬 株を中心に買われた半面、金融株は下落した。

蒸留酒など製造の貴州茅台酒(600519 CH)は5.3%高と、酒造株の 上げを主導した。上海復星医薬(集団、600196 CH)は4.8%高。一方、 中信銀行(601998 CH)は1.8%安。アリババ・ドット・コムと株式を通 じて協力関係にあるとの報道は事実ではないと発表した。

金融市場では、指標の短期金利が週間ベースで今年最大の低下とな った。春節(旧正月)連休が終わり市中銀行に資金が戻った。浙商証券 の張彦斌アナリスト(上海在勤)は、「先週の連休後は市場に楽観的な 見方が広がっており、流動性も潤沢だ」と語った。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前日比17.45ポイント(0.8%)高の2115.85で取 引を終了。前週末比では3.5%高と、週間上昇率が昨年9月13日終了週 以来で最大となった。上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指 数は前日比0.7%高の2295.57。

原題:China Stocks Rise, Capping Biggest Weekly Gain Since September (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE