NZはまるで07年のアイルランド、通貨は大幅下落も-ジェン氏

ニュージーランドは「まるで2007年 当時のアイルランド」のような状況で、 通貨が大幅な下落に転じるの は時間の問題だと、ロンドンのヘッジファンド、SLJマクロ・パート ナーズのパートナー、スティーブン・ジェン氏が指摘した。

国際通貨基金(IMF)勤務の経歴があるジェン氏とSLJの同僚 であるファーティ・イルマツ氏は13日の顧客向けリポートで「ニュージ ーランド(NZ)ドル買いの材料は説得力があるように見える」が、実 際は「かなり違う」と分析。その上で、「ニュージーランドは構造面で 深刻な弱さを抱えており、それは危機に見舞われた南欧や南の新興国と 極めて似ている。NZドルは20%過大評価されていると考えられる」と 記した。

NZドルは13日に1NZドル=0.8342米ドルと、変動相場制移行後 の対ドルでの最高値を約5セント下回る水準で取引。景気拡大の勢いが 増しインフレ圧力が高まる中で、ニュージーランド準備銀行(中央銀 行)は先進国で最初に利上げに動く中銀の1つになることを示唆してお り、エコノミストや投資家は来月にも利上げに踏み切ると予想してい る。

ジェン、イルマツ両氏はニュージーランド経済について、債務や信 用、低い貯蓄率、経常赤字をベースにした成長モデルという点で、危機 に巻き込まれる直前の欧州や新興国の状況に類似していると説明。同国 は経常赤字が比較的高水準にあるほか、経済の中核部分が脆弱(ぜいじ ゃく)で、中国の成長鈍化や米連邦準備制度理事会(FRB)の緩和縮 小といった海外からのショックを受けやすい状態だと分析している。

原題:Kiwi Will Drop With New Zealand Like Ireland in 2007, Jen Says(抜粋)

--取材協力:Simon Kennedy. Editors: Garfield Reynolds, Naoto Hosoda

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE