アジア株:日本除くMSCI指数が上昇-ヘルスケアなど高い

14日のアジア株式市場では日本を除 くMSCI指数が上昇。ヘルスケア関連銘柄や情報技術(IT)株が買 われている。

山東威高集団医用高分子製品が香港市場で5.3%高と、ヘルスケア 株の上げを主導。時価総額でアジア最大のインターネット企業テンセン ト・ホールディングス(騰訊)は、ジェフリーズ香港が目標株価を引き 上げたことから上場来高値を更新した。

MSCIアジア太平洋指数(日本除く)は香港時間午後2時39分 (日本時間同3時39分)現在、前日比0.7%高の454.89。このままいけ ば週間上昇率は2.5%と、昨年9月以来で最大となる。日本を含む MSCIアジア太平洋指数は135.27と、前日比の上昇率は0.1%未満。

原題:Asian Stocks Outside Japan Rise as Health-Care Companies Advance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE