トレーダー時代に築いた人脈が武器、アフリカで顧客開拓

プライベートバンキング事業を手掛 けるスイスのボーディエのアフリカ担当責任者、ハリール・マルコス氏 (52)は、商品トレーダーとして勤務した20年間に築き上げた人脈を駆 使し、アフリカで富裕層の顧客を開拓している。

マルコス氏は2011年にクレディ・スイス・グループからボーディエ に移籍。それまではスイスの商品取引大手、グレンコア・インターナシ ョナルと米国の農産物供給大手カーギルで小麦やトウモロコシ、コメ、 砂糖などの取引を手掛け人脈を広げてきた。同氏のネットワークなどに より、ボーディエのアフリカ部門の運用資産は約3億スイス・フラン (約340億円)に膨らんだ。マルコス氏は顧客開拓の際、競合他社のよ うにホテルのイベントに出席したりスイス大使の連絡先リストを利用し たりするようなことはしない。もっと慎重だ。

「自分のネットワークを活用している。アフリカで仕事をするバン カーにとって口コミが何より大事だ。地域や人に役立てば他の人にも紹 介してくれる」。マルコス氏はジュネーブの昔ながらの銀行街にあるボ ーディエのオフィスでインタビューに応じ、そう語った。

創業170年のボーディエのマネジングパートナーの一人、グレゴア ール・ボーディエ氏は向こう2年間にアフリカでの運用資産を2倍以上 に拡大するため、顧客に対応するアドバイザーを採用している。脱税の 取り締まりが進む中、昨年は欧米の顧客によるスイスのオフショア口座 からの資金引き揚げが加速した。成長著しい新興国からの資金流入は、 ボーディエにとって西欧での資金引き揚げの動きに対抗する一助となっ ている。

キャップ・ジェミニとカナダのロイヤル・バンク・オブ・カナダ (RBC)が昨年6月に発表したリポートによると、アフリカの百万長 者の数は12年に9.9%増加し14万人となり、北米以外の地域では最高の 伸びを示した。ナイジェリアやガーナなどの国々は同年、5%を超える 経済成長を遂げた。

原題:Ex-Glencore Trader Taps African Wealthy for Swiss Bank Bordier(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE