アルゼンチン、新CPIを公表-1月は10年ぶりの高い伸び

アルゼンチンは13日、国際通貨基金 (IMF)からの是正要求を受け集計方法を改善した新たな消費者物価 指数(CPI)統計を公表した。

この新たな統計によると、1月のCPIは前月比3.7%上昇と2002 年以降で最大の伸びとなった。従来のCPI統計は調査範囲がブエノス アイレス市とその周辺に限定されていたが、新統計では都市部の1 万3000地域で20万余りの価格が対象となっている。キシロフ経済財務相 がブエノスアイレスでの会見で明らかにした。

バークレイズのストラテジスト、ドナト・グアリノ氏は電子メール で、「IMFの是正要求に従い、アルゼンチンはついに白状し恐ろしく 高いCPIの月間上昇率を発表する」と述べた上で、「この場合は悪材 料が好材料になる。インフレ率が悪い数字でも、それが相場上昇のきっ かけになる」と指摘した。

原題:Argentina ‘Comes Clean’ Reporting Higher Inflation Figures (1)(抜粋)

--取材協力:Camila Russo、Silvia Martinez、Daniel Cancel、Sandrine Rastello. Editors: Richard Jarvie, Randall Woods

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE