米ローンスターが目黒雅叙園売却へ、最大1300億円程度か-3月内定

米投資ファンドのローンスターがホ テル・レストラン運営の目黒雅叙園(東京・目黒区)の売却に向け、入 札を行っていることが分かった。事情に詳しい関係者によると、売却価 格は1100億-1300億円程度となる可能性がある。

雅叙園をめぐっては、過去3回入札が行われたが、不動産市況の低 迷を背景に売り手と買い手の希望価格が折り合わず、不調に終わってい た。今回はアベノミクス効果で市況が回復しており、成立すれば、久々 の大型案件となる。

ブルームバーグ・ニュースが入手した書類によると、目黒雅叙園の 購入希望者は今月末までに入札申し込みを行い、3月上旬に優先交渉権 者を決める。ローンスターは6月に売却する意向。関係者による と、1300億円程度で売却したい考えとみられる。

ローンスターグループのハドソン・ジャパンのデビッド・ニシダ氏 は、ブルームバーグ・ニュースに対し、目黒雅叙園の入札についてコメ ントできないと述べた。

安倍晋三政権下での日銀の大胆な金融緩和を背景に、不動産投資マ ネーが東京、大阪や名古屋、福岡など大都市圏に流入し始めている。東 京では物件の取得競争が激化。オフィスビルの投資収益率が低下しても なお取得意欲は高い。

不動産証券化協会がまとめた日本版不動産投資信託(Jリート)に よる昨年の資産取得額(引渡日ベース)は前年比3倍弱の2兆2330億円 と過去最高を記録した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE