金融機関の助言料は最大約146億円-コムキャストのTWC買収

米ケーブルテレビ(CATV)会社 コムキャストによるタイム・ワーナー・ケーブル(TWC)買収で助言 業務に携わったJPモルガン・チェースとバークレイズ、センタービュ ー・パートナーズなどの金融機関は、合計で最大1億4300万ドル (約146億円)の手数料を受け取る可能性がある。

コムキャストは株式交換を通じて452億ドルでTWCを買収するこ とに合意した。米CATV大手2社が統合することになる。米調査会社 フリーマンによれば、コムキャスト側のアドバイザーを務めたJPモル ガンとPJTキャピタルのポール・トーブマン氏、バークレイズは最大 で計6800万ドルを受け取る。TWCに助言したモルガン・スタンレーと アレン、シティグループ、センタービューは最大7500万ドルの手数料を 分け合う。

ブルームバーグの集計データによれば、モルガン・スタンレーは今 年の企業の合併・買収(M&A)アドバイザー・ランキングで首位。コ ムキャストによるTWC買収や1月のサントリーホールディングスによ る米ビーム買収を含めて今年は20件(総額約1150億ドル相当)で助言役 を務めた。

2位は25件(同1130億ドル相当)を手掛けたJPモルガン、3位は 7件(同880億ドル相当)でアドバイザーを務めたセンタービュー。

原題:Advisers to Comcast, Time Warner Cable May Split $143 Million(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE