外資規制緩和なら中国車ブランドに破滅的-自動車工業協会

中国政府が外国の自動車メーカーに 対し、中国市場で国内提携企業から一段と独立することを認めれば、国 内ブランドは成長途上でつぶされかねない。中国自動車工業協会 (CAAM)が13日に懸念を表明した。

CAAMの同日の発表によると、1月の中国国内ブランドの市場シ ェアは前年同月比で4.9ポイント低下し38.4%だった一方、米ゼネラ ル・モーターズ(GM)など海外勢のシェアは業界全体の記録的な販売 で追い風を受けた。中国の吉利汽車の販売は47%減少した。

同協会は発表文で「現行の外資規制を緩和すれば中国ブランドは一 掃される」とし、「外国企業は世界的なサプライチェーンという競争上 の強みを生かして価格戦略を維持でき、成長途上の中国ブランドがつぶ されかねない」と指摘した。

中国商務省当局者が昨年10月のフォーラムで、国内自動車メーカー は外資規制が緩和される日に備えるべきだと発言して以来、業界の懸念 が強まっている。1月の中国国内ブランドの販売台数は5.1%減少し た。CAAMの董揚秘書長は13日の月次報告で、国内ブランドは外国ブ ランドに比べて質とサービスの面で競争力が低いため、今年はさらに販 売が減少するとの見通しを示した。

原題:China Brands Doomed If Foreign Limits Relaxed, Auto Group Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE