米企業の社債保証コスト低下-買収合意でTWCの社債価格上昇

13日のクレジット・デフォルト・ス ワップ(CDS)市場では、米企業の社債保証コストが低下した。

ブルームバーグの集計によれば、北米企業の信用リスクの指標であ るマークイットCDX北米投資適格指数のスプレッドは0.6ベーシスポ イント(bp、1bp=0.01%)低下の64.7bp。このままいけば、4 週間ぶりの低水準で終了する。

債券市場ではタイム・ワーナー・ケーブル(TWC)の社債価格が 約9カ月ぶりの高値に上昇した。米コムキャストがTWCを452億ドル (約4兆6200億円)で買収することで合意したことが好感された。

タプリン・カニダ・アンド・ハバットの債券運用担当者、スコッ ト・キンボール氏は電話取材に対し「コムキャストは財務基盤が非常に しっかりしており、TWCの信用向上につながる」と述べた。

原題:Time Warner Cable Bonds Jump on Comcast; Credit Swaps Decline(抜粋)

--取材協力:Matt Robinson. Editors: John Parry, Chapin Wright

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE