トルコ:12月の経常赤字、前月の2倍強に拡大-輸入増加で

トルコの2013年12月の経常赤字 が、11月の2倍強に拡大した。輸入増が影響した形で、13年通年では史 上2番目の大幅赤字となった。

12月の経常赤字は83億2000万ドル(約8500億円)。11月は改定さ れ41億ドルとなった。12月の赤字幅はブルームバーグがまとめたエコノ ミスト9人の予想中央値(74億ドル)より大きかった。13年通年で は650億ドルの赤字で、政府見通しの588億ドルを上回った。

トルコ政府は経常赤字が自国経済の最も脆弱(ぜいじゃく)な面と の認識を示しているが、今後は縮小する兆候が示されている。国内の政 治的危機や世界的な新興市場相場安で通貨リラの価値が下落したことを 受け、トルコ中央銀行は利上げに踏み切った。市場関係者はこれにより 成長が減速し、経常赤字が縮小するとみている。JPモルガン・チェー スやバンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチなどは既にトルコ の成長見通しを下方修正している。

ゲディク・インベストメント・セキュリティーズ(イスタンブー ル)のチーフエコノミスト、イブラヒム・アクソイ氏は電話取材に対し て「12月の経常赤字拡大は一時的なものである可能性が高い」と指摘。 その上で「トルコの国内情勢と政治が今年の資本流入を決定づける」と 述べた。

オデアバンク(イスタンブール)の経済調査マネジャー、イナン チ・ソゼル氏は赤字拡大について、今年実施されるクレジットカード利 用制限や増税を前に輸入品への需要が伸びたことや金輸入の増加が要因 との見方を示した。

原題:Turkey’s Current-Account Gap More Than Doubles on Imports (2)(抜粋)

--取材協力:Benjamin Harvey、Ali Berat Meric. Editors: Andrew J. Barden, Alaa Shahine

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE