米BOAが住宅ローン業務で450人削減へ、需要低迷で-関係者

米銀2位のバンク・オブ・アメリカ (BOA)は米西海岸のオフィスで住宅ローン業務に携わる450人を削 減する。新規ローンが行内の予想を下回ったためだ。事情に詳しい関係 者2人が明らかにした。

今回の人員削減は新規ローンの手続きを担当する従業員が対象 で、12日に該当者に通知された。公表されていないことを理由に関係者 が匿名で語った。削減が行われるカリフォルニア州の拠点にはコンコー ドのオフィスが含まれ、パサディナの拠点は事務所全体が閉鎖されると いう。

住宅ローンの需要不振を背景にBOAが人員削減を実施するのは過 去1年間で少なくとも4回目。リテールのローン組成は昨年10-12月 (第4四半期)に116億ドルと49%落ち込んだと、ブルース・トンプソ ン最高財務責任者(CFO)は1月15日に述べていた。各行は収益押し 上げで借り換え拡大に期待していたが、金利上昇で借り換えが進まず、 JPモルガン・チェースやウェルズ・ファーゴなども人員削減を実施し ている。

BOAの広報担当ダン・フラム氏は「これら通告は進行中のもの で、規模縮小や過去の問題解決、社の簡素化を図るためにこれまで発表 した取り組みを反映している」と説明。一部の従業員は他の部署に異動 することになり、住宅ローン以外の業務では引き続き採用を行っている と述べた。

原題:BofA Said to Cut 450 More Mortgage Jobs as Loan Demand Drops (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE