ブラジル株:ボベスパは下落-小売売上高の予想外の減少を嫌気

13日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が下落。昨年12月の小売売上高が予想外に減少し、ブラ ジル経済の成長が足踏みしているとの懸念が強まった。

資産規模で国内最大の銀行、ブラジル銀行は4.9%下落し、昨年11 月以来の大幅安。10-12月(第4四半期)の利益がエコノミストの予想 に届かなかったことが嫌気された。住宅建設会社のガフィーザ は3.7%、ブルックフィールドは4.1%それぞれ値下がり。化粧品メーカ ーのナトゥーラ・コスメチコスは4.1%安と、小売り関連株で最も下げ た。

ボベスパ指数は前日比0.8%安の47812.83と、今月3日以来の大幅 安で終了。通貨レアルはサンパウロ時間午後5時22分(日本時間14日午 前4時22分)現在、1%高の1ドル=2.4016レアル。ブラジル統計当局 が発表した昨年12月の小売売上高は前月比0.2%減少した。ブルームバ ーグがまとめたエコノミストの予想中央値は同0.3%増だった。

オラマ・アセット・マネジメントのパートナー、アルバロ・バンデ イラ氏は電話インタビューで、「経済指標は悪化し続けている」と指 摘。「こうした流れが続けば、株式相場が反転するチャンスも多くない だろう」と述べた。

原題:Ibovespa Falls as Surprise Brazil Retail Sales Drop Sinks Natura(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE