次期クリーブランド連銀総裁にメスター氏指名-6月1日就任

米クリーブランド連銀は次期総裁に フィラデルフィア連銀の調査ディレクターであるロレッタ・メスター氏 を指名したと発表した。就任は6日1日付。

電子メールで13日配布された声明によると、メスター氏(55)は5 月31日に退任するピアナルト総裁の後任となる。メスター氏は同総裁が 持つ連邦公開市場委員会(FOMC)での投票権も引き継ぐ。

クリーブランド連銀理事会幹部のクリストファー・コナー氏は声明 で、メスター氏について「幅広い尊敬を集める卓越したエコノミストで あり、リーダーだ」と評した。

メスター氏はフィラデルフィア連銀のプロッサー総裁の首席経済顧 問を務めてきた。この役職に伴い同氏はFOMCの会合に出席したほ か、同連銀のエコノミストやアナリストらのスタッフをまとめてきた。

ニューヨークのバーナード大学卒のメスター氏はプリンストン大学 で産業組織に関する論文で経済学博士号を取得。最近は銀行の規模や金 融機関の資本注入に関する研究に力を注いでいる。

原題:Cleveland Fed Appoints Mester New President Beginning June 1 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE