米国債:3日ぶり反発、小売売上高減や失業保険申請の増加で

米国債相場は3日ぶり反発。1月の 小売売上高が2012年6月以来の大幅減となり、新規失業保険申請件数が 増加したことで、逃避需要から国債が買われた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。