欧州株:7日ぶり下落、BNPパリバ安い-決算受けた失望売り

13日の欧州株式相場は反落。指標の ストックス欧州600指数は前日まで年初来最長の6営業日続伸だった。 ロールス・ロイスやBNPパリバが発表した決算が嫌気された。

航空機エンジン製作などを手掛ける英ロールス・ロイスは2000年8 月以来の大幅安。今年は10年ぶりに増収が見込めないとの見通しを示し た。仏銀BNPパリバは2.6%安。昨年10-12月期決算は予想外の減益 だった。スイスの食品メーカー、ネスレは1.5%下落。14年売上高伸び 率が目標の下限近くになるとの見通しが売り材料。

ストックス欧州600指数は前日比0.2%安の331.48で終了。一時は 1%安となった。同指数は前日までの6営業日で4.5%上げていた。

PFAアセット・マネジメント(コペンハーゲン)のシニアストラ テジスト、ウィトルド・バーク氏は「押し上げ要因が明らかに欠けてい たことから、リスクテークを伴う相場上昇の勢いが失われつつある」と し、「BNP決算は失望する内容で、この日の取引でセンチメントを支 える材料ではなかった」と続けた。

13日の西欧市場では18カ国中11カ国で主要株価指数が下落。独 DAX指数は0.6%、仏CAC40指数が0.2%それぞれ上げた一方、英 FTSE100指数は0.2%安となった。

原題:European Stocks End Six-Day Winning Streak as BNP Paribas Falls(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE