米小売売上高:1月は12年6月以来の大幅マイナス (訂正)

1月の米小売売上高は2012年6月以 来の大幅減となった。寒波や降雪の影響で、自動車のショールームや小 売店への客足が遠のいた。

米商務省が発表した1月の小売売上高(速報値)は、季節調整済み で前月比0.4%減少した。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト予想の中央値は前月比横ばいだった。前月は0.1%減(速報 は0.2%増)に下方修正された。1月の自動車を除く小売売上高は変わ らずだった。

RBSセキュリティーズの米国エコノミスト、ガイ・バーガー氏は 「消費にとって良い状況ではない」と指摘。「雇用増加ペースの面でま ずまずの改善が見られても、所得の大幅な改善には不十分だ」と続け た。

1月の小売売上高は主要13項目のうち9項目で減少。特に自動車デ ィーラーやスポーツ用品店、衣料品店で落ち込みが目立った。

自動車ディーラーの売上高は2.1%減と、2012年10月以来の大幅な マイナス。昨年12月も1.8%減少していた。一方、建設資材店は1.4%増 と前月の横ばいから大きく伸びた。ガソリンスタンドも1.1%増加し た。前月は1.5%増だった。

国内総生産(GDP)の算出に使用される食品サービスや自動車デ ィーラー、ガソリンスタンドなどを除くコア売上高は0.3%減。前月 は0.3%増に下方修正された。

い。

原題:Retail Sales in U.S. Decline by Most Since June 2012 (Correct)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton. Editors: Vince Golle, 千葉 茂

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE