中国元が年初来安値、中心レート下げで-輸出統計に疑問の声

中国人民元は13日、対ドルで今年の 安値を付けた。中国人民銀行(中央銀行)が元の中心レートを3週間ぶ りの低水準に引き下げた。12日発表された1月の輸出統計には疑問があ るとの見方がアナリストらの間で広がった。

人民銀は中心レートを0.04%元安方向の1ドル=6.1100元と、1 月23日以来の低い水準に設定した。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、元は上海市場 で、0.02%安の6.0636元で取引を終了。一時6.0662元と、昨年12月30日 以来の安値を付けた。

ブルームバーグの集計データによれば、香港のオフショア市場で元 は0.07%安の6.0420元。これで5営業日続落し、昨年11月以来で最長の 下落局面となった。1年物ノンデリバラブル・フォワード(NDF) は0.06%安の6.1132元。

原題:China’s Yuan Declines to 2014 Low as PBOC Cuts Reference Rate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE