ネスレ:14年増収率は目標下限近くに-13年は4年ぶり低水準

世界最大の食品メーカー、スイスの ネスレは、2014年の売上高伸び率が目標の下限近くになるとの見通しを 示した。昨年の増収率は先進国の消費低迷で4年ぶり低水準だった。

同社の13日発表によると、今年の売上高は買収や資産売却、為替変 動を除いた実質ベースで約5%増となる見込み。1-6月(上期)と比 べ7-12月(下期)に勢いが強まるとみている。13年は同ベースで前年 比4.6%増と、アナリスト予想と一致したものの、4.1%にとどまった09 年以降で最悪だった。

ネスレは今週、フランスの化粧品メーカー、ロレアルの一部株式 を60億ユーロ(約8340億円)で売却することで合意した。40年にわたり 保有してきたロレアル株を売却するのは今回が初めて。ネスレは売却で 得た資金を自社株購入に充てる方針。

原題:Nestle Forecasts Sales Growth in 2014 Near Low End of Target(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE