インドネシア中銀:政策金利を7.5%に据え置き-3会合連続

インドネシア中央銀行は13日、政策 金利の据え置きを発表した。インフレが落ち着き家計消費の伸びも鈍化 したことから、3会合連続で金利を維持した。

中銀は政策金利のレファレンス金利を7.5%に据え置いた。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト調査では19人中18人が据え 置きを予想、1人が0.25ポイントの利上げを見込んでいた。預金ファシ リティー金利(FASBIレート)も5.75%のままとした。

原題:Indonesia Holds Key Rate as Private Consumption Growth Eases(抜粋)

--取材協力:Berni Moestafa、Andrew Janes、Manish Modi. Editors: Shamim Adam, Manish Modi

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE