インドネシア中銀:政策金利を7.5%に据え置き-3会合連続

インドネシア中央銀行は13日、政策 金利の据え置きを発表した。インフレが落ち着き家計消費の伸びも鈍化 したことから、3会合連続で金利を維持した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。