新興国株が下落、ペトロブラスなどエネルギー株が安い

13日の新興国の株式相場は3日ぶり に下落。世界経済の減速懸念が広がる中、ブラジル石油公社(ペトロブ ラス)を中心にエネルギー株が売られた。ロシアの通貨ルーブルは8カ 月で最大の下げを演じた。

MSCI新興市場指数はニューヨーク時間午後2時49分(日本時 間14日午前4時49分)現在、0.7%安の946.73。トルコやインド、ロシ アの株価指数は少なくとも1.1%下落した。ペトロブラスはサンパウロ 市場で2.3%安。ロシアの外貨準備が3年ぶりの低水準に減少したのを 受け、ルーブルは下落した。

先週の米国の新規失業保険申請件数はエコノミスト予想を上回り、 1月の米小売売上高は10カ月で最大の落ち込みとなった。ウエスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)原油が4カ月ぶりの高値から 下落したことからエネルギー株が安く、MSCI新興市場指数の業種 別10指数のうち9つが値下がりした。

オークブルック・インベストメンツの共同最高投資責任者 (CIO)、ピーター・ジャンコブスキス氏は、「成長をめぐる懸念に よる下押し圧力が見られる。新興市場は当然ながら大きな打撃を受けて いる」と指摘した。

原題:Emerging-Market Stocks Fall as Petrobras Leads Oil Shares Lower(抜粋)

--取材協力:Weiyi Lim、Zachary Tracer. Editors: Rita Nazareth, Matthew Brown

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE