英中銀デール氏:市場の2015年利上げ織り込みは妥当-BBC

イングランド銀行(英中央銀行)の チーフエコノミスト、スペンサー・デール氏は13日、過去最低の英政策 金利が来年引き上げられるとの投資家見通しは妥当との認識を示した。

デール氏はBBCラジオ5とのインタビューで、市場は政策金利が 「来春ごろまで維持され、その後2016年末までに2%前後に上昇すると みており、この見方に基づいてわれわれは経済がかなり良好との見通し を示している」と指摘。「現在分かっている状況に基づけば、この政策 金利予想は妥当に見受けられる」と語った。

同氏の発言は、英中銀が12日公表した四半期物価報告の経済見通し を受けたもの。カーニー総裁は同日、金融政策に失業率を結びつけるフ ォワードガイダンス(時間軸政策)に修正を加え、景気回復を万全にす るためには政策金利をしばらく0.5%で維持する必要があるとの認識を 示した。

デール氏は一方で、投資家らの予想通りに金利を変更する「約束は できない」とし、中銀はあくまで景気回復の進み具合の判断に基づいて 政策を決定すると説明した。英中銀が「あまりうまく経済を予測できな い」ことが最近露呈したとも述べたが、雇用市場の余剰能力は低金利を しばらく維持する必要性を示唆していると続けた。

さらに、英中銀が政策金利を引き上げ始めても、そのペースは「緩 やか」になるとも言明。利上げ開始時には、それまでに同中銀が3750億 ポンド(約63兆6000億円)規模の量的緩和策を通じ購入した国債の売却 も始まり、これが国債値下がりの引き金になるだろうとも語った。

原題:BOE’s Dale Says Bets for 2015 Rate Increase Are ‘Reasonable’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE