BNPパリバ:10-12月は予想外の減益-米制裁に絡む引当金で

フランス最大の銀行、BNPパリバ の昨年10-12月(第4四半期)決算は、市場予想に反して減益となっ た。米国の経済制裁の対象となる相手との取引を見直す過程で、引当 金11億ドル(約1120億円)を計上したことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。