米国の住宅競売件数:1月は27州で増加-リアルティトラック

米国の住宅競売予定件数が1月に27 州で前年同月に比べ増加し、全米で住宅差し押さえの届け出が減少して いるのとは裏腹な結果となった。米調査会社リアルティトラックの発表 で分かった。

同社によれば、差し押さえ住宅の競売予定件数はオレゴン州で4倍 余り、コネティカット州で3倍超に増え、メリーランド州は倍増した。 ニューヨーク、ネバダ両州では73%増えた。

リアルティトラックのダレン・ブロムクイスト副社長は資料で、 「住宅バブル崩壊の残骸整理となると、多くの州がまだ完全には危機を 脱していない」とコメントした。

同社によると、1月中にデフォルト(債務不履行)と競売、担保権 実行の通告を受けた不動産物件数は全米で12万4419件と前年同月比18% 減少。3年4カ月連続の前年割れとなった。前月比では8%増えたが、 同副社長によれば、休暇シーズン後の典型的な増加だという。

原題:Foreclosure Auctions Climb in 27 States as U.S. Filings Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE