中国:大気汚染対策で約1680億円の基金設立へ-石炭消費抑制

中国は主要都市での大気汚染を緩和 するため、100億元(約1680億円)規模の基金を設立する。李克強首相 が主宰した国務院の会合の発表文で明らかになった。

中国政府のウェブサイトに12日掲載された発表文によると、同基金 は化石燃料の使用を削減し、石炭消費を抑制する取り組みを支援する。 詳細には言及がなかった。

国務院はまた、環境の質の改善を目指す汚染規制と燃費基準、税制 改正、補助金も発表した。煙霧が発生しやすい大都市や、直径2.5マイ クロメートルから10マイクロメートルの超微細粉塵に対策の重点を置 き、心血管疾患のリスク低減を図る。

原題:China to Fight Pollution With $1.65 Billion Fund, Cut Coal Use(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE