安倍首相:在任中の北方領土問題解決に決意、平和条約も-衆院予算委

安倍晋三首相は13日午前の衆院予算 委員会で、首相在任中に北方領土問題を解決する決意を表明した。

首相は「私の首相の時代に何とかこの問題を解決していかなければ ならないと決意している」と言明。その上で、「北方4島の帰属の問題 を解決して平和条約を締結し、歴史的な節目を達すべく全力を尽くして いく決意だ」とも述べた。

首相はソチ五輪開会式に出席した翌8日、ロシアのプーチン大統領 と会談した。首脳会談は第2次安倍政権発足以降の約1年で5回目で、 秋のプーチン大統領来日で合意した。両首脳は6月の主要国(G8)首 脳会議(ソチ・サミット)の際にも会談する予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE