元エンロンのトレーダー3人が設立のファンド、寒波で好調

破綻した米エネルギー会社エンロン の元トレーダー3人が約1年前に設立したヘッジファンドが1月にプラ ス15%を超えるリターンを達成した。厳しい寒気の影響で天然ガスと電 力の価格が高騰したためだ。

フレッチャー・スターム、ロバート・ベンソン、フランク・アーミ スの3氏はいずれも約20年に及ぶトレーディング経験を持つ。米コネテ ィカット州スタンフォードでコージェント・エナジー・インベストメン ト・マネジメントを設立。ファンダメンタル分析に基づいて取引所で清 算されるガスと電力の先物に投資している。

スターム氏が10日、電子メールで送付した投資家向け書簡による と、コージェントの1月のネットリターンはプラス15.44%。昨年はプ ラス10.76%だった。リターンの伸びと新規投資により、今年1月末時 点の運用資産総額は約4800万ドル(約49億1400万円)となった。

スターム氏は電話インタビューで「市場での取引で過去にわれわれ が採用していたモデルを再現したかった。エンロンの破綻以来ずっと、 そのことについて話し合ってきた」と述べた。

生産が過去最高水準に増加する中、米国の天然ガス価格は2012年 に10年ぶりの安値まで下げた。この後、価格は反発し始め、3氏は再び 共にトレーディングに取り組むようになる。いずれもコージェントのプ リンシパルを務めている。今暖房シーズンは例年にない厳しい寒さとな り、今年1月には20年ぶりの大寒波に見舞われた。このため、ガス在庫 は減少している。

スターム氏は「市場では、過去数年間の供給拡大に追い付こうとす るかのように需要が増えている」と指摘。「さらなる投資機会があり、 変動率も高まると予想している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のガス先物は1月に月間ベ ースで17%上昇。29日には取引時間中としては4年ぶりの高値を付け た。昨年は年間ベースで26%上昇した。

原題:Former Enron Trading Trio Gains as Winter Heating Demand Surges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE