NY原油先物時間外:4カ月ぶり高値から下落-行き過ぎ感で

ニューヨーク原油先物相場は13日の 時間外取引で下落。行き過ぎ感が出て、約4カ月ぶりの高値から下げ た。

原油先物相場は一時、0.6%下落。過去7営業日で6回上昇してお り、テクニカル指標が一段の高値は維持できない可能性を示唆した。米 エネルギー情報局(EIA)は同国の原油受け渡し地点であるオクラホ マ州クッシングの在庫が先週、267万バレル減少したと発表した。クッ シングからの油送がパイプラインによって進んでいることが背景。

IHSエナジー・インサイト(シンガポール)のバイスプレジデン ト、ビクター・シャム氏は「相場は多少オーバーシュートしたかもしれ ない」と指摘、「キーストーン・パイプラインが1月後半に稼働し始め たことから、市場ではクッシングの在庫への影響が注目されていた。結 果は失望しないものだった」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は一 時、57セント安の1バレル当たり99.80ドルを付けた。シドニー時間午 後3時31分(日本時間同1時31分)現在、99.83ドルで推移。前日の通 常取引は0.4%高の100.37ドルで引けた。終値としては昨年10月18日以 来の高値となった。全限月の取引高は100日平均を約54%下回った。

原題:WTI Drops Amid Speculation Rally to 4-Month High Was Excessive(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE